ミラノのファッショニスタによる、遊び心満載のちょいワルコーデを紹介!

Share

青年パンチでは、一流メディアとして一流のファッション情報を世界中から集めている。最近、イタリアにしか特派員がいないのではないかというウワサをちらほら耳にするが、内情はトップシークレット扱いだ。ただ、これだけは言える・・・世界中の海外特派員、心から絶賛大募集中です!!
 
今回はイタリアの特派員和田知巳さんが、Facciamo alla Italiana! (イタリア風にやろう!) をテーマに、ミラノのファッショニスタの着こなしをレポートして下さいます。プロのテクニックをご覧アレ!


一昨日はじめてメトロのストに遭いました。イタリアではしばしばとのことですが、突然ですからびっくりで。だって、2時間ほど前は普通に運行していたのが突然駅のシャッターが閉まってしまって。時間帯も仕事帰りのラッシュアワーだったので、みんなどうしたのかしらん? おかげさまでワタシは、友人と食事の約束をしていたリストランテにタクシーで駆けつけることになりましたが。

閑話休題。ミラノのファッショニスタといえばこの方をチェックしないわけにはまいりません。そう、某ちょいワル雑誌でも常連のイタオヤ代表、リーノさんです。彼のお店アルバザールを訪れてみると、日本の雑誌の掲載誌が飾られていました。雑誌の効果もあってか多くの日本人がここに来て買い物をしていくようです。

>>>クリックして写真を見る

この日のリーノさんのコーディネートですが、まず印象としてサイズ感が完璧です。ダブルのジャケットのウエストの絞り、トラウザーズの丈の長さ、やはりプロですね。ピークドラペルがきれいに見えます。

全体としては、ジャケットが白く見えますが、トラウザーズと合わせてグレートーンといってよいでしょう。Vゾーンは抑えめに白シャツにネイビーのソリッドタイを合わせています。あとは何と言っても足元。ライトブラウンとブラックのコンビのストラップシューズが目を引きます。ウォレットチェーンも彼の十八番ですね。こんな遊び心こそ、ファッチャーモ アッラ イタリアーナ!

おまけ こちらのシニョールのスーツスタイルも素晴らしい! グレーのペンシルストライプ、水色のタイが涼しげです。

>>>クリックして写真を見る

ではでは、今回はこのあたりで。

 

■パンチ5号(イタリア特派員)和田知巳

出版社で長くビジネス・キャリア系雑誌の編集長を務めるも、自身の関心テーマである「ダンディズムとその服装術」を追究すべく、2012年6月から英国を経由しイタリアへ。ライフワークは「“いき”の研究」。座右の銘は「Think different」。現在フィレンツェからミラノへ移動中。
ご自身のHP(tomomi-wada.com)も要チェック!
 

■急募!青年パンチ海外特派員!

内容:各国のトレンド情報を載せたブログの原稿を書く。
報酬:むっちゃ薄謝です。すみません!
条件:テキトー、いやフレキシボーにやっていただける方。海外にお住まいの方。
やりたい人はこちらにメール>>>seinenpunch@yahoo.co.jp
※一応、審査をへてご連絡させていただきます。

Share

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>